news&topics
 

令和2年度「トラック運送業界における点検整備推進運動」について



令和2年8月
(一社)富山県トラック協会

 トラックによる交通事故は重大事故に繋がることが多く、特に大型トラックでは、重大事故につながりかねない車輪脱落事故が多発しており、車輪脱落事故や不具合等による事故防止をはじめ、環境面においても排出ガスによる大気汚染や地球温暖化問題への対応が求められています。
 さらに、日常点検、定期点検などによる点検・整備の実施が義務付けられているものの、その実施状況は必ずしも十分とは言えず、また、平成30年10月1日には車両総重量8トン以上のトラックのスペアタイヤ等が新たに3か月毎の定期点検項目に追加されるなど、不正改造の防止とともに点検整備を確実に実施していく必要があります。

 このため、全国的に「トラック運送業界における点検整備推進運動」が展開されますので、不正改造の防止とともに点検整備を確実に実施していただきますようお願い申し上げます。

 なお、事業用自動車を50台以上、かつ、大型自動車(車両総重量8トン以上)を保有する事業者様におかれましては、9月1日から11月30日までの重点点検期間中に定期点検を行う大型自動車について、重点点検項目に基づく点検結果を報告していただくことが必要となっております。
 当協会でとりまとめて富山運輸支局へ提出いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 ※トラック運送業界における点検整備推進運動については( こちら )

 報告要領
(1) 大型自動車の「重点点検報告様式(別紙1)」について、9〜11月の3か月間で実施した結果を12月4日(金)までにFAXで報告して下さい。

(2) エア・クリーナの自主点検結果(別紙2)を、11月6日(金)までにFAXで報告して下さい。
    ※富山県独自の実施事項

 報告様式
(1) 重点点検報告(別紙1)(excel)     重点点検報告様式1(記入例)

(2) 自主点検結果(別紙2)


 お問い合わせ先
  (一社)富山県トラック協会 適正化事業部 TEL:076-495-8820