一般社団法人富山県トラック協会
  
(一社)富山県トラック協会 会員ページ
 
助成申請手続き
Acrobatダウンロード
PDFをご覧頂くには、Adob Acrobat Readerが必要なります。

 

運行管理者等講習受講手数料助成事業の概要

(一社)富山県トラック協会

 協会では、独立行政法人自動車事故対策機構(以下、「事故対策機構」という。)と協力して、会員が、所属する運行管理者等を事故対策機構が実施する法令等で受講が義務付けられている基礎講習、一般講習を受講させる場合、又は安全マネジメント講習を受講させる場合に要する受講料の一部を助成する事業を実施いたします。


助成対象となる講習には どのようなものがありますか?

 事故対策機構が実施する次の講習が対象となります。

(1)運行管理者等基礎講習
 営業所の運行管理者の補助者として選任する必要がある方、(公財)運行管理者試験センターが実施する「運行管理者試験」の受験資格を得る方等を対象に、運行管理を行うために必要な法令及び業務等に関する必要な基礎知識の習得を目的としています。

(2)運行管理者等一般講習
 既に運行管理者として選任されている方又は運行管理者の補助者として運行管理業務をされている方を対象に、自動車の運行の安全確保のため、「運行管理の実務や関係法令、安全の確保に必要な管理手法など」の講習を行い、自動車事故の防止に万全を期することを目的としています。

 なお、選任されている運行管理者に対しては、定期的に一般講習を受講することが法令により義務付けられています。

(3)安全マネジメント講習
 デジタコ・ドラレコ等の活用方法及び危険予知トレーニングによる事故防止教育手法や事故分析手法などの営業所等現場での活用方法の習得又は安全マネジメントにおける内部監査(PDCAサイクルのC“検証:check”)担当者に対して、基礎知識や監査手法などの講義及びケーススタディを行うことにより、実務担当者のレベルアップを図り、事業所における安全マネジメントがスムーズに機能することを目的としています。

講習を受けるためには どうすればいいのですか?

 講習の開催日時、場所等は、自動車事故対策機構のホームページで公表されていますので、ホームページから希望される講習を選択の上、必要事項等を入力しお申し込み下さい。
 詳しくはこちら
 
FAX等でも予約可能な場合がありますので、直接事故対策機構にお問い合せ下さい。

 問い合わせ先:独立行政法人自動車事故対策機 構富山支所
 TEL:076-421-1631

助成額は どのくらいですか?

 いずれの講習も、助成金額は事故対策機構からの請求に基いて、協会から同機構へ直接支払うこととなっております。
 受講当日は、受講手数料と助成金額の差額を受付でお支払いいただくことになります。

(1)運行管理者等基礎講習
 1名あたりの受講手数料8,700円のうち、3,500円を助成します。
 受講当日は、差額の5,200円を持参し、受付で納付して下さい。

(2)運行管理者等一般講習
 1名あたりの受講手数料3,100円のうち、1,500円を助成します。
 受講当日は、差額の1,600円を持参し、受付で納付して下さい。

(3)安全マネジメント講習
 1名あたりの受講手数料5,100円のうち、2,000円を助成します。
 受講当日は、差額の3,100円を持参し、受付で納付して下さい。
 
ページ先頭へ戻る

  
 

 (一社)富山県トラック協会  富山市婦中町島本郷1-5

  TEL:076-495-8800 FAX:076-495-1600
  Copyright © 2004 TOYAMA TRUCKING ASSOCIATION All rights reserved.